名古屋市熱田区でソフト開発をしている株式会社グランオンのブログです。

<< 「Windows10を入手する」 を消す方法 | main | Apple iOS8.4について >>
「ThunderBird」でメールが送信できない / 動作が重い
0
    こんにちは。がっきーです。

    弊社ではメールソフトは「ThunderBird」を使っており
    お客様にもそちらをお勧めしております。

    通常使用していて特に問題がなく、重宝しているのですが
    まぁでもどんなものにもトラブルの1つや2つはあるもので…
    時々下記2つのお問合せがあります。

    ・メールが送信できなくなった
    ・動作が重くなった

    今回はその2つに対しての対処法を書いていきたいと思います。



    ■ThunderBirdでメールが送信できなくなった時の対処法
    原因の殆どが下記2つによるものでした。

    【1】メールデータフォルダの不具合
    ThunderBirdのメールデータは、ソフト上で削除を行ってもデータフォルダサイズは小さくなりません。
    後で復旧ができるように見えなくなっているだけでデータは残ったままなのです。
    何もしないまま放置していると、データフォルダがどんどん大きくなり
    メール送受信機能の不全を起こすまでに至ることもあります。
    データフォルダを最適化することで、メールの送信ができるようになることがあります。

    まずは不要なメールをある程度削除したうえで
    下の画像のように、ツールバー ファイル(F) >> フォルダの最適化(F) を選択しましょう。



    【2】メールサーバの容量パンク
    ThunderBirdの アカウント設定 >> サーバ設定 にて
    メールサーバ上に長期間メールデータを残す設定にしていたことにより
    メールサーバの容量がいっぱいになり、メール送受信ができなくなることがあります。

    メールサーバにある不要なデータを削除したのち
    ThunderBirdの アカウント設定 >> サーバ設定 でメッセージ削除までの期間短縮設定をしましょう。




    ■ThunderBirdで動作が重くなった時の対処法
    上記のフォルダ最適化を行うことで解消されることもありますが
    それでも動作が重い場合は、ThunderBirdの「検索機能」が原因かもしれません。

    【1】インデックスデータ(SQLite)の削除
    ThunderBird内のメールを効率良く検索する為に、ThunderBirdはインデックスデータ(SQLite)
    というファイルを生成/使用しているのですが、このデータはソフトを使用する度に徐々に大きくなる
    ようで…大きくなり過ぎることで動作の負担になる場合があるようです。
    下記の手順でデータを削除することができます。

    .好拭璽肇椒織鷁_次

    ◆屮廛蹈哀薀爐肇侫.ぅ襪慮〆」にて「%APPDATA%¥Thunderbird¥Profiles¥」と入力しエンター。

    フォルダ「○○.default」をクリックし、データ「global-messages-db.sqlite」を削除。

    以上で作業は完了です。
    データ「global-messages-db.sqlite」は、再度ThunderBirdを起動すると再構築しますが
    削除したソレよりも小さい、初期の状態になるはずです。

    もしこのデータ自体必要としない場合は
    ThunderBird ツールバー ツール(T) >> オプション(O) 選択。

    ◆屮哀蹇璽丱觚〆と索引データベースを有効にする(E)」のチェックをはずし、OKボタンを押下。

    を選択することで、データ「global-messages-db.sqlite」は作られなくなります。
    | がっきー | パソコンサポート | - | trackbacks(0) | - |
    http://blog.gran-on.jp/trackback/36
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << September 2018 >>
    qrcode
    LabVIEWを中心に組み込みシステムの開発してます。WEBのシステムもやってます。