名古屋市熱田区でソフト開発をしている株式会社グランオンのブログです。

<< 4月定例ミーティング in 熱田神宮 | main | 「Windows10を入手する」 を消す方法 >>
iPhone + バーコードリーダー
0
    こんにちは。がっきーです。

    最近お客様のお問合せで、バーコードで在庫管理をしたいというお話がありました。
    そういった端末を買う場合、高価な端末と別途対応ソフトが必要になります。
    …今回の案件はそこまでのクウォリティを求めておらず
    ・バーコード情報と数量の記録
    ・記録をファイル(CSV形式)に変換してパソコンへ転送
    が出来ればいい程度でして…

    端末どうしよう―
    iPhoneに取り付けられるバーコードリーダーあったらいけるんじゃ。
    簡単な在庫管理ソフトならフリーソフト沢山あるだろうし
    パソコン転送も、メール送信すれば問題無し!

    検索かけて見つけましたw

    iPhone5に装着できるタイプのバーコードリーダー / ASX-510R です。

    (詳細な仕様はこちら→http://asreader.jp/asreader/asx-510r/
    まぁ折角の機会なので、簡単にレポートを残したいと思います。



    バーコードの読取ボタンは本体の両脇に1つずつ。
    LEDの光の太さも手頃な太さです。

    読取のレスポンスもなかなか早かったです。

    バーコードリーダーの電力は、自身の内臓バッテリーから消費しています。
    その為、約2時間程充電が必要になります。
    iPhoneもセットして充電すると、一緒に充電できるので便利です。


    バーコード入力するには、iPhoneで「AsKey」という無料アプリをダウンロードする必要があります。
    インストールして設定等行えば、入力モードの選択項目に「AsKey」が追加され
    バーコード入力 / テンキー入力 が行えるようになります。



    「AsKey」には設定画面があり、下記の項目の選択ができます。
    ・Enterを追加
    ・タブを追加
    ・接続状態を表示

    …ここで問題発生。
    設定を切り替えても入力処理に変化がない;フリーですし文句は言えないカナ…
    メーカーからLightning経由で通信するための専用SDKも提供されているので
    きちんと対応させていく為には自力で開発しないといけないかもしれません。
    (メーカーには問合せていないので、ひょっとしたら解決方法があるかも)


    価格に関してはオープン価格で、販売店に問合せたところ55,000円位とのこと。
    現在購入を検討中ですが、値段もお手頃ですし、使い勝手も良さそうなので
    多分購入する事になりそうですw

    しかしまぁ…iPhoneと連携する商品、ほんと増えたなぁ…w
    | がっきー | iPhone | - | trackbacks(0) | - |
    http://blog.gran-on.jp/trackback/34
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << July 2018 >>
    qrcode
    LabVIEWを中心に組み込みシステムの開発してます。WEBのシステムもやってます。