名古屋市熱田区でソフト開発をしている株式会社グランオンのブログです。

「ThunderBird」でメールが送信できない / 動作が重い
0
    こんにちは。がっきーです。

    弊社ではメールソフトは「ThunderBird」を使っており
    お客様にもそちらをお勧めしております。

    通常使用していて特に問題がなく、重宝しているのですが
    まぁでもどんなものにもトラブルの1つや2つはあるもので…
    時々下記2つのお問合せがあります。

    ・メールが送信できなくなった
    ・動作が重くなった

    今回はその2つに対しての対処法を書いていきたいと思います。



    ■ThunderBirdでメールが送信できなくなった時の対処法
    原因の殆どが下記2つによるものでした。

    【1】メールデータフォルダの不具合
    ThunderBirdのメールデータは、ソフト上で削除を行ってもデータフォルダサイズは小さくなりません。
    後で復旧ができるように見えなくなっているだけでデータは残ったままなのです。
    何もしないまま放置していると、データフォルダがどんどん大きくなり
    メール送受信機能の不全を起こすまでに至ることもあります。
    データフォルダを最適化することで、メールの送信ができるようになることがあります。

    まずは不要なメールをある程度削除したうえで
    下の画像のように、ツールバー ファイル(F) >> フォルダの最適化(F) を選択しましょう。



    【2】メールサーバの容量パンク
    ThunderBirdの アカウント設定 >> サーバ設定 にて
    メールサーバ上に長期間メールデータを残す設定にしていたことにより
    メールサーバの容量がいっぱいになり、メール送受信ができなくなることがあります。

    メールサーバにある不要なデータを削除したのち
    ThunderBirdの アカウント設定 >> サーバ設定 でメッセージ削除までの期間短縮設定をしましょう。




    ■ThunderBirdで動作が重くなった時の対処法
    上記のフォルダ最適化を行うことで解消されることもありますが
    それでも動作が重い場合は、ThunderBirdの「検索機能」が原因かもしれません。

    【1】インデックスデータ(SQLite)の削除
    ThunderBird内のメールを効率良く検索する為に、ThunderBirdはインデックスデータ(SQLite)
    というファイルを生成/使用しているのですが、このデータはソフトを使用する度に徐々に大きくなる
    ようで…大きくなり過ぎることで動作の負担になる場合があるようです。
    下記の手順でデータを削除することができます。

    .好拭璽肇椒織鷁_次

    ◆屮廛蹈哀薀爐肇侫.ぅ襪慮〆」にて「%APPDATA%¥Thunderbird¥Profiles¥」と入力しエンター。

    フォルダ「○○.default」をクリックし、データ「global-messages-db.sqlite」を削除。

    以上で作業は完了です。
    データ「global-messages-db.sqlite」は、再度ThunderBirdを起動すると再構築しますが
    削除したソレよりも小さい、初期の状態になるはずです。

    もしこのデータ自体必要としない場合は
    ThunderBird ツールバー ツール(T) >> オプション(O) 選択。

    ◆屮哀蹇璽丱觚〆と索引データベースを有効にする(E)」のチェックをはずし、OKボタンを押下。

    を選択することで、データ「global-messages-db.sqlite」は作られなくなります。
    | がっきー | パソコンサポート | - | trackbacks(0) | - |
    「Windows10を入手する」 を消す方法
    0
      こんにちは。がっきーです。

      最近パソコン画面の右下のタスクバーをよく見てみたら…


      …どうしてWindowsの旗?マークがこんなところに?
      試しにマウスの右クリックで調べてみると

      これはひどいw
      「拒否をする」選択肢がどこにもない!w

      常時目の前にあると気になってしまうし
      操作ミスで触れて画面に飛ばされるのもイヤなので、消す方法を探すことにしました。

      方法は2つ。
      【1】タスクバーのアイコンと通知を非常時にする。
       .織好バー位置でマウスの右クリック >> プロパティ(R)を選択します。

       画面左下の「通知アイコンのカスタマイズ」を選択します。


       2萍牝皀螢好箸砲△襦GWX」にて「アイコンと通知の非表示」を選択し、最後に「OK」を押下。


      そうすると、とりあえず右下のタスクバー欄からは姿を消します。
      ※但し「△」ボタンを押すと、他の非表示選択をしているアイコンと一緒に出てきます。
       完全に姿を消すというわけではありません。


      【2】Windowsの更新プログラム「KB3035583」のアンインストール(非推奨)
      調べたところ、KB3035583がこのアイコンの処理に関わっているらしいとのことで
      試しに自分のパソコンを使ってアンインストールしてみました。確かにアイコンは消えました。
      …ただこの更新プログラムが他にも違う重要な仕事を持っている可能性があるので
      あまりお勧めはできない方法です。(^^; (実行する場合は自己責任でお願いします)


      しかしこの仕様はほんとh…げふ。
      仕事でパソコンの納品などもしているのですが、取引先の会社の人達が
      間違ってボタンをカチカチ押していかないか不安です(汗)
      まわりの評判もアレのようなので、後日仕様が変わるかも…だといいなぁ。
      | がっきー | パソコンサポート | - | trackbacks(0) | - |
      Windows7 taskeng.exeとは
      0
        こんにちは。がっきーです。

        最近会社で使っているパソコンで
        「taskeng.exe」という名前のダイアログボックスが一瞬画面に映っては
        1秒程度で消える…という現象を何回か目撃しました。


        「exe」という名前を見て、ウィルスの類ではないかとイヤな予感がしたので
        調べることにしました。

        --- taskeng.exe ---
        正式名称はTask Scheduler Engine。タスクスケジューラのプロセス。
        具体的には、予め決められた時間にプログラムなどを実行する機能の総称を指します。
        大概は何かのソフトをインストールした時に、勝手に登録されてしまっていることが
        多いようですね。…具-グルさんとかねw


        タスクスケジューラを調べてみると、少し前にインストールしたソフトの名前も
        しっかりリストに載っており…ああコイツのせいかと色々安心しましたw

        折角なので、調べる方法をBLOGに残しておきたいと思います。

        方法 スタートボタン」>>「コントロールパネル」>>「管理ツール」>>「タスクスケジューラ」
        方法◆スタートボタン」>>「プログラムとファイルの検索」テキストボックス内に『msconfig』を入力
           >>「サービス」タブを選択


        ■余談
        今回私が起きた現象はソフトのせいであることが解りましたが
        場合によっては、ウィルスがタスクスケジューラに組み込まれていることも
        あるそうです…
        既存のソフト名を装って悪事を働くものもあるようなので、ウィルス対策ソフト等で
        検知されたときはご注意を。
        | がっきー | パソコンサポート | - | trackbacks(0) | - |
        ハードディスク異常
        0

          がちょです。


          取引先でパソコンがフリーズして何もできないと連絡あり、急遽出張サポート。


          現象は、

          パソコン電源ON → HDDチェック開始メッセージ → キャンセル → 画面真っ黒のままフリーズ(HDDランプは点灯しっぱなし)
          何度やっても同じ。


          とりあえずパソコンを開けて清掃。ハードディスクも取出しコネクタ部分も入念に。


          元通りにして電源ON。

          正常に起動した。

          清掃することで動作がよくなることが多々ある。

          念のためハードディスクチェックツールで問題ないことを確認。



          とりあえず、

          パソコンのトラブルは

          パソコンサポートのグランオンまで


           
          | がちょ | パソコンサポート | - | trackbacks(0) | - |
          「ユーザープロファイルを読み込めません」と表示されてログインできない その2【Win7】
          0
            こんにちは。がっきーです。

            先日挙げていたがちょさんの記事の現象が、日本の取引先でも起きました。
            私のほうでも原因などを調べてみたのですが
            どうやらWindowsUpdate後のデータ更新時に、レジストリ編集に失敗して
            起きることがある現象のようですね。
            社内パソコンや自宅のノートパソコンでは一度も起きた事がない現象なので
            なんでこんなに個体差があるのか不思議なのですが(笑)

            がちょさんの記事のやり方を相手に説明しようと思ったのですが
            レジストリは、パソコンのシステムやアプリケーションソフト等の設定データが記録されている領域。
            間違った変更や、間違ってデータを消してしまうとパソコンが起動しなくなる可能性も。
            他に方法がないか調べてみたら…ありました!

            途中まではがちょさんと同じ方法ですが
            【1】パソコンの電源をOFF→ONする際、キーボードの「F8」を先押ししたまま電源ON。
              セーフモードを起動させます。
              ※パソコンによっては別のファンクションキーで設定されていることがあります。
            【2】Windowsセーフモードでのデスクトップ画面が表示されたら
              「スタートボタン」 >> 「コンピュータ-」 を選び、システムが入っているハードディスクアイコンを
              右クリックし、「プロパティ(R)」を選択。
            【3】「ツール」タブを選択し、エラーチェック項目の「チェックする(C)」ボタンを押す。

            【4】「ファイル システム エラーを自動的に修復する(A)」にチェックが入っていることを確認し
              「開始(S)」ボタンを押す。

            以下は、システムのコメントに従って作業をすれば終わりです。
            実際上記の方法で検証してみましたが、問題無くログインできるようになりました。



            ■まとめ
            上記の方法のほうが安全に対処ができるのですが…エラーチェックに時間がかかることが
            難点です。がちょさんの方法なら早ければ3分程度で終わります。
            方法を状況に応じて使い分けるとよいかと思います。
            | がっきー | パソコンサポート | - | trackbacks(0) | - |
                 12
            3456789
            10111213141516
            17181920212223
            24252627282930
            << September 2017 >>
            qrcode
            LabVIEWを中心に組み込みシステムの開発してます。WEBのシステムもやってます。